注文住宅の相場を確認

注文住宅を購入する時の費用の内訳

注文住宅を購入する時、まずは相場を確認することが大切です。明らかに相場よりも価格が高い場合、ぼったくりに遭っている可能性も考えられます。注文住宅は一生に一度有るか無いかの大きな買い物のため、相場の確認は入念に行わなければなりません。実際に注文住宅の相場を確認する時は、費用の内訳を知っておくことが大切です。注文住宅の主な費用は、土地の購入費用と建築費用、諸手続きにかかる費用の3つに大別できます。この中で最も割合が大きい費用が、土地の購入費用です。地域によって大きな差があり、大都市圏であれば、かなりの高額になる場合もあります。また建築費用は、住宅を完成させるための費用です。基礎工事費や住宅機器の設備工事費など、建築における全ての費用が含まれています。このような費用の内訳を認識しておくことで、相場のチェックが楽になります。

理想とする注文住宅を建てるために

自分が理想とする注文住宅を建てるためには、相場を意識すると共に、注文住宅における優先順位を決めておくことも大切です。もし住宅の設備やクオリティ、外観を大切にするのであれば、建築費を多めに設定しておく必要があります。土地の購入費用は地域や地区によって異なるため、土地代が比較的安い郊外を選ぶことで、建築費の割合を大きくすることも可能です。また出来るだけ安く建てたい場合は、1,000万円台で注文住宅を購入できる場合もあります。安くするためのコツは、見積もり書の項目を一つひとつチェックし、不要なものをどんどん省いてしまうことです。ただし、自分一人だけの判断で決めてしまうと、後で家族と喧嘩になるかもしれません。家族と話し合い、了承を得た上で決めていきましょう。