注文住宅のデメリット

分譲住宅と比べ購入費用が割高になりやすい

注文住宅は、デザインや工法などの自由度が高いものの、分譲住宅と比べて購入費用が割高になりやすいというデメリットがあります。特に、通勤や通学に便利な好立地に注文住宅を建てる場合には、住宅だけでなく土地の購入のためのコストも高額になることが多いため、家族で話し合ってじっくりと注文住宅の必要性について検討することが大切です。最近では、住宅メーカーや工務店の公式サイトに注文住宅の購入に掛かる費用の相場や施工事例などが分かりやすく掲載されることもあります。そのため、将来的な出費を最小限に抑えたい場合には、色々な業者の情報を集めて、良心的な価格で施工をしてくれる業者を早いうちに見極めることがポイントです。

希望通りの施工をしてくれる業者を選ぶまでに時間が掛かる

注文住宅の購入の際は、希望通りの施工をお願いできる業者を探すための期間が長くなることも珍しくありません。特に、外装や内装、エクステリアなど様々な箇所にこだわりがある場合には、業者ごとのコンセプトをしっかりと把握して、担当者とこまめにコンタクトを取ることが重要となります。そのため、スムーズに注文住宅の購入先を見つけたい時には、仕事の合間に評判の良い住宅業者から注文住宅を購入した人の体験談を参考にしたり、各業者の得意とする施工の特徴を調べたりすることがおすすめです。また、住宅選びに失敗をしないために、なるべく多くの業者のモデルルームの見学をしたり、職人や建築士など専門のスタッフと話し合いをしたりすることが肝心です。

住みやすい一戸建て住宅を見つけるポイントは、間取りと収納スペースです。家族の人数にあった間取りと収納スペースを確保しましょう。