注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅とはどんなものか

家を建築するときには注文住宅を購入する手段があります。注文住宅は大手ハウスメーカーや工務店に依頼をして建築をしてもらうのが特徴です。カタログを見て好きな住宅を建築できるのがメリットである程度要望を聞いてくれます。設備の調整からカラーリングの選択までできるのが強みです。工務店を利用したときはかなり融通の利くサービスを行ってくれるので独自の住宅を作りたいときにおすすめと言えるでしょう。最新設備の住宅から使いやすいビルドインガレージまで建築できるので理想の家を作りたいときに活躍します。注文住宅の建築費用だけでなく土地の取得費用もかかるので、ある程度まとまったお金が必要になるのが注文住宅のネックです。

建売との違いはどこにあるのか

理想の家を建築できる注文住宅以外に建売と呼ばれるものがあります。こちらはすでに建築されている状態で販売されているのが特徴です。注文住宅のように好きな住宅を建築できないデメリットがありますが、その分安価に購入できるのが強みと言えるでしょう。販売価格には土地と建物の金額がセットになっているのでお得感が高いです。また設備もすべて揃っているので引越し後はすぐに生活できるのがメリットと言えます。安く販売されている理由はハウスメーカーが区画をまとめて買い取って一気に同じ住宅を建築しているからです。同じ住宅なので資材も同じものをまとめて仕入れています。銀行融資をするときも難易度が低くローンの利用もしやすいのが注文住宅との違いです。

建売の新築一戸建て住宅を購入する場合は、多棟現場に建っている物件がおすすめです。同じタイミングで住居者が集まってくるので仲良くなりやすいです。